シミ【美用語辞典】

シミ とは 色素沈着によりお肌の表面が茶色に変色してしまうこと。

シミとは、紫外線などが原因で皮膚の表面が茶色や褐色に変化してしまう状態のことを指します。また、お肌の表面に現れていなくても、皮膚の下で育っていることもあり、時間の経過や加齢により、徐々にシミとして現れる可能性もあります。

シミの原因って?

シミの主な原因は、紫外線です。紫外線を浴びることにより、お肌の新陳代謝(ターンオーバー)の周期が乱れ、そのため皮膚に溜まってしまったメラニン色素の除去がうまくいかず、お肌の表面に残ってしまったメラニン色素が沈着してシミになってしまうのです。加齢などが原因で新陳代謝の働きが弱まっても、同様にシミができてしまいます。他にも、過度なストレスや飲酒、喫煙、食生活の乱れ、睡眠不足などもターンオーバーを狂わせ、シミの原因となります。ホルモンバランスが崩れることも原因としてあげられるようです。

出来てしまったシミを改善するには?

出来てしまったシミを改善するには、まずは、紫外線をシャットアウトすることが大切です。日焼け止めをこまめに塗るよう心がけ、加えて太陽が出ているときは帽子、日傘、サングラスなどを身につけるようにしましょう。また、ビタミンCを積極的にとることも重要です。実はメラニン色素はもともと無色透明で、酸化によって黒くなっています。その酸化を還元すると元の無色透明に戻るのですが、その還元作用を促すのに効果的なのがビタミンCなのです。

エステサロンでのシミのケアって?

エステサロンなどでも、ビタミンCを肌に導入するフェイシャルケアを行っているようですので、皮膚の古い角質を取り除くケアを受けた後にこのビタミンC導入ケアを行うと、シミに対してより効果的なケアが期待出来ます。

シミの予防策って?

また、シミが出来ないように予防するのもとても大切なことです。出来てしまったシミの改善策と同じく、日頃から紫外線に気をつけるほか、無色のメラニン色素が黒く酸化するのを促進する、チロシナーゼという酵素の働きをとめるようなケアをすることも方法のひとつです。プラセンタエキスやアルプチン、桑のエキスなどがチロシナーゼが活性化するのを防ぐ効果をもっている物質の代表としてあげられます。美白用の化粧品などにはこれらの成分やビタミンCがよく含まれていますので、化粧品を購入する際にチェックするようにしてみてはいかがでしょうか。

関連ワード

■しみ
■色素沈着
□ターンオーバー
□美白
□メラニン
□ビタミンC

※■同義語または類義語 □関連ワード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です