Vライン脱毛【美用語辞典】

Vライン脱毛(ビキニライン脱毛) とは ビキニラインの脱毛のこと。

Vライン脱毛の範囲って?

Vライン脱毛(ビキニライン脱毛)のビキニラインとは、主にショーツから出ているVの部分をさします。Vライン脱毛は、このVの部分の脱毛のほか、脚を閉じた状態で見える範囲を広範囲のVラインとしてさすことも。エステサロンやクリニックによってはIラインまで含めているところもあるようですが、お店によってVラインの設定範囲はそれぞれ異なりますので、詳しい範囲内容はお店まで問い合わせるのが安心です。

Vライン脱毛をする際、どこまで脱毛するか、は人それぞれです。下着や水着からムダ毛が出ない程度に、という比較的狭い範囲の脱毛から、逆三角形や長方形などVラインの形にこだわって脱毛する人、広範囲のVライン全てを処理する人も。最近ではIライン脱毛やOライン脱毛と一緒に、デリケートゾーン一帯の脱毛を始める人も増えているようです。エステサロンによってはVラインとIラインがセットになったプランや、Oラインも含めデリケートゾーン一帯の処理をハイジニーナ脱毛としているところも。せっかく脱毛するならVラインだけでなく、他のラインもセットで脱毛するのもよいかもしれません。

Vライン脱毛のメリットは?

かわいい下着や水着を着るときに、まず気になるのがVライン。きれいに着こなすにはVラインの処理は必須ですね。脱毛をすることで、ムダ毛を気にせず好きなデザインの水着や下着を選べるようになるのは嬉しい点。水着を着て遊んでいても、ムダ毛のことを気にすることなく、安心感があります。温泉や銭湯に行きやすくもなります。また、VラインやIラインなどデリケートゾーンの脱毛は、衛生面でもメリットが。生理時のムレやかぶれ、かゆみなどが軽減され、清潔で快適に過ごすことができます。身だしなみの一部としても定着しつつあるようです。

Vラインの脱毛方法って?

デリケートなVラインの脱毛は、自己処理ではなく、エステサロンやクリニックなどでのきちんと脱毛がおすすめです。自己処理では、カミソリで肌を痛めて赤くなってしまったり、処理するたびに色素沈着して黒ずんでしまったりすることも。毛抜きでの処理も毛穴が傷ついてバイ菌が入ってしまう可能性があり、最悪の場合手術しなくてはいけなくなることもあるそう。また、自己処理ではVラインの形を決めるのが難しく、失敗してしまうこともあるようです。デリケートな部分にトラブルを抱えて後悔するよりも、お肌に負担をかけることなくきれいに処理してくれる、安心できるエステサロンやクリニックを見つけ、脱毛することをおすすめします。

関連ワード

■ビキニライン脱毛
■V脱毛
□脱毛
□デリケートゾーン脱毛
□ハイジニーナ
□ムダ毛処理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です