美白【美用語辞典】

美白 とは 色素沈着の少ない、より白く美しい肌を目指すこと、また、そのような肌のこと。

美白 、美肌は、多くの女性の目指すところでしょう。シミやくすみのない、明るく白い肌になるために、様々な努力を重ねている方も多いかもしれません。

美白の大敵!紫外線

この美白を考える際に、まず重要となってくる要素が、紫外線です。紫外線を浴びると、その刺激が体内に入るのを防ぐため、メラニン色素が大量に作られます。メラニン色素は酸化すると黒色や褐色に変化するため、紫外線を浴びると肌が黒くなってしまうのです。そして、このメラニン色素を溜め込んでしまうと、シミやくすみの原因となってしまいます。よって、日頃からの紫外線対策は、美白にとって大切となってきます。自分の肌タイプにあった日焼け止めを選んでこまめにつけ直したり、日頃から日傘やサングラスを使ったりするなど、日常生活から紫外線をカットする対策が重要となってくるでしょう。

ターンオーバーも美白には重要です。

しかし、メラニン色素が作られてしまっても、きちんと排出されればシミにはなりません。そこで重要となってくるもうひとつの要素が、ターンオーバーです。ターンオーバーとは、肌の細胞が生まれてから死ぬまでの一連の流れのこと。ターンオーバーが順調に行われている健康な肌であれば、メラニンを含んだ細胞は角質層まで押し上げられ、垢となってはがれ落ちるため、メラニンをためこんでシミになる、ということにはなりにくいのです。ストレスや栄養バランスの悪化、睡眠不足、喫煙などによってターンオーバーは乱れるため、生活スタイルを見直し、改善していくことも美白にとっては重要です。

スキンケア化粧品の美白成分ってどんなもの?

この他の美白へのアプローチとしては、まず、スキンケア化粧品に美白成分のあるものを取り入れることがあります。出来てしまったメラニンを還元して色を薄くする作用のあるビタミンC、代謝を活性化させてメラニンの排出を助け、メラニンの生成も抑える作用のあるプラセンタエキス、メラニンが過剰に出来るのを防ぐ作用のあるアルブチン・コウジ酸など、美白成分によってもその効果は様々ですので、美白化粧品の成分をチェックして、自分に必要なものを選んでみてはいかがでしょうか。

美白に効果的な食品って?

また、美白に効果のある栄養素のある食品を、食事に取り入れるのもおすすめです。ブロッコリー、レモン、ジャガイモ、パセリなどは、シミの色素沈着予防に効果を発揮する、ビタミンCを多く含んだ食品です。ここで注意したいのは、新鮮なうちに食べること。加熱も最小限にし、煮込んだ場合はビタミンCが溶け出した汁ごといただきましょう。また、ターンオーバーを促進する、ビタミンEを多く含んだ、たらこ、卵黄、レバー、大豆、アーモンドなどのナッツ類なども取り入れたい食品です。

クリニックやエステサロンでの美白ケアって?

その他には、クリニックでも、レーザー治療などでメラニン色素を破壊し、シミやそばかすなどを除去するトリートメントをおこなっているようです。また、エステサロンなどでも、美白に有効なビタミンCをより肌に浸透しやすくした、ビタミンCイオン導入コースや、シミやくすみなどに効果的なアンチエイジングケアコースなど、美白や美肌に効果的な様々なコースが用意されているようです。ボディケアコースでボディの美白を行っているところも。日常のお手入れよりも、早く美白効果を感じられるものもあるようですので、試してみてもよいかもしれません。

関連ワード

■ホワイトニング
■美肌
□紫外線
□ターンオーバー
□シミ
□くすみ
□アンチエイジング
□ビタミンC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です